全国のネット塗装店「eペイント」へ出店してみませんか?

eペイントは単なるホームページとは違い、クラウド技術とアプリが融合した塗装業向け総合サービスです。

  1. お客様との出会いはインターネット上の出店様のバーチャル塗装店です。
  2. ご来店されたお客様には原価積算見積やカラーシミュレーションを体験していただき、お客様の信頼を得ます。
  3. 引合のあった物件の調査時に、その場で見積書や契約書の印刷ができます。対応の速さが受注に結び付きます。
  4. 事務所では、塗装工事管理アプリにeペイント見積データをダウンロードし業務をシームレスにこなせます。

eペイントの優れたITツールで塗装ビジネスをしませんか?

塗装業者の皆様へ

住宅塗り替え市場で元請けを目指す、お客様との信頼関係を築くことのできるeペイント開発の経緯。

はじめに

塗装業を取り巻く環境は1990年ごろを境に変わり始めました。1990年以前はほとんどの塗装工事は取引先の工務店の紹介や施主からの直請が主でしたが1990年代以降に出現したペイントハウスに代表される塗装訪問営業会社(訪販)が営業力を活かし元請となり、営業力の弱い塗装業者が受注することが難しくなっていきました。 ハウスメーカーは新築の減少から利益を確保できる住宅塗替えへ進出し、塗料メーカーの一部も塗料ディーラー経由の塗料販売からより利益の確保できる住宅塗替え市場へ参入。

そして、2005年以降にはインターネットを利用したコミッション・ビジネスサイト(業者紹介サイト、相見積サイト・・・)が出現し、現実と仮想の世界で営業力の弱い塗装業者は下請けかコミッションを取られる業種へとなりつつあります。

eペイントはこれらの塗装業を取り巻く環境を踏まえ、元請を目指す塗装業者様へ最適なソリューション(解決、答え)は何かを踏まえ開発されました。

  1. インターネットを利用した見込み客の発掘(マッチング)
  2. クラウド技術を利用した見積システム(お客様が事前に見積もれる)
  3. クラウド技術を利用したカラーシミュレーション(お客様はご自宅で色決め)
  4. クラウド技術を利用したツール(現場で見積➡その場で契約書発行)
  5. 塗装工事管理システムとの連動(項目2,4で作成した見積書をダウンロード)

なぜ、お客様に見積もらせるのか?

ホテルやゴルフ場予約のような広域のお客様を対象にしたマッチングサイトは皆様もよくご利用されると思いますが、最近ではこのようなサイトの利用者でも、より安く、より良いサービ スを求めて直接ホテルやゴルフ場のサイトで申込される方が増えています。

eペイントではこのような利用者の変化にお応えする目的で、コミッションを取らず、業者とも接触せずに、お客様自らが塗装原価見積もりできるサービスを提供することにしました。  お客様が受信する見積書(匿名メールで受信)には見積原価明細(塗料の使用缶数と価格・日当と工数・現場経費と管理費)と施工仕様書が含まれます。➡ <情報開示が信頼につながります>

当社が運営するサイト『eペイント』,『ペンキ屋ネット』は、Yahoo、MSN、Googleなどの重要キーワード検索で、どちらかのサイトがトップページ表示を維持しています。
※重要キーワードとは➡市町村名+(塗装店、塗装業者、住宅塗装など・・・)

すでにサイト・オープンより約16年の実績から、新たにホームページを立ち上げるよりも、eペイントに出店した方が、より短期間に検索サイトにおいて重要キーワードでの上位ヒット が見込めます。

eペイントは日本全国のこんな塗装店、塗装業者様を応援しています!

見込み客の発掘から見積までeペイントが処理

営業マンがいないか営業が苦手な塗装店

  • 見込み客の発掘から見積までeペイントが処理
24時間、365日営業をしてくれます

経費を増やさずに受注を増やしたい

  • 人件費ゼロ、24時間、365日営業をしてくれます
eペイントは中間流通を省きます

下請脱却!元請志向でお客様ダイレクト!

  • eペイントは中間流通を省きます
21世紀型の塗装店を息子さんと経営しませんか?

子供に跡継ぎをお考えの経営者

  • 21世紀型の塗装店を息子さんと経営しませんか?
仮想店舗は投資対効果が抜群です

店舗を出したいけれど・・・費用が?

  • 仮想店舗は投資対効果が抜群です
双方向の本格的なビジネス・サイトを所有できます

ホームページを所有したいけれど・・・?

  • クラウド技術を組み込んだビジネス・サイトを所有できます